ミリオン商事 スタッフの一言

仙台市の不動産賃貸(賃貸アパート、賃貸マンション、賃貸戸建て)

お気軽にご連絡ください。
メールフォーム

TOP >

ミリオン商事社員の一言】


2017/11/09(Thu.) リコーダーについて1【伊東】


私は趣味でリコーダーを吹いています。
17, 18世紀のころ、ヨーロッパの貴族たちはお抱えの音楽家を持ち、好みの曲を作らせ供させるとともに、時にそれを自ら演奏して楽しんでいました。リコーダーは持ち運びがしやすいので、演奏楽器として適していたのでしょう。リコーダーを吹くことが「紳士のたしなみ」としてさえ認識されていたそうです。
もう少し肩ひじ張らないリコーダーの楽しみ方として、小鳥に歌を教えるというのがあります。「小鳥愛好家の楽しみ(The Bird Fancyer's Delight)」という当時の曲集には、いろいろな鳥に教えるための小品が数多く収められています。吹き込む、録音する、つまりレコード(record)するために使われるので、いわゆる縦笛はリコーダー(recorder)と呼ばれるようになりました。

さて、先日、大学祭でサークルの発表会があり、ソロで演奏する機会を得ました。先述の小鳥のための曲の他、同時代(「小鳥愛好家の楽しみ」の50年ほど前)の貴族出身作曲家ファンエイク(Van Eyck)の「笛の楽園(Der Fluyten Lust-Hof)」から数曲を演奏しました。普段は四重奏などのアンサンブルを中心として活動する私たちのサークルですが、ソロ枠を用意してくれた後輩たちに感謝です。また、演奏会に聴きにいらした方々、アンケートに応援のコメントを書いて下さった方々に、この場を借りて感謝申し上げます。
昔の曲といえども、現代の私たちが聴いても新鮮な響きを感じる作品が少なくありません。これからも、技術の向上と当時の様式の学習に努め、よりよい演奏を追求していきたいと思います。

<< 前の一言  次の一言 >>


2018/03/08(Thu.) 自転車の整備【伊東】 2017/01/25(Thu.) 寒さとの戦い【伊東】
2017/11/16(Thu.) 頑張れ自分【荒川俊一】 2017/11/09(Thu.) リコーダーについて1【伊東】
2017/9/28(Thu.) 先週を振り返って【荒川俊一】 2017/9/20(Thu.) 代表者としての責任【荒川成二】

以前の一言 一覧



☆当サイトへのリンクは、どうぞご自由に行ってください。また、相互リンクも募集しています。 【リンク集】 【サイトマップ】
Copyright ミリオン商事 All Rights Reserved. Since 2006.3.1.
仙台市宮城野区鶴ケ谷二丁目8番の1 鶴ヶ谷プラザビル1F 40号 TEL:022-251-1989